住宅用火災警報器の取り付けについて
    天井の場合
警報器の中心を壁から煙式は60p以上、熱式は40p以上離します。
 はりなどある場合の取り付けは・・
警報器の中心をはりから煙式60p以上、熱式は40p以上離します。
天井取り付け例写真(壁から60cm以上離す) 針のある場合の取り付け写真 
     壁の場合
天井から1550p以内に火災警報器の中心がくるようにします。

エアコンなどの吹き出し口付近の取り付けは・・・
換気扇やエアコンなどの吹き出し口から1.5m以上離します。

壁取り付け例写真 エアコン等のある場合の取り付け例写真
   台所へは熱式の警報器の設置を推奨しますまた、「煙式」を取り付ける場合には、調理のときに、煙や水蒸気のかからない場所に取り付けるように、注意しましょう。

住宅用火災警報器を設置する必要の無かった階で<7u(四畳半)以上の居室が5以上ある階には、廊下に住宅用火災警報器の設置が必要ですの写真 住宅用火災警報器を設置する必要の無かった階で7u(四畳半)以上の居室が5以上ある階には、廊下に住宅用火災警報器の設置が必要です。

   
ホームへ 住宅火災警報器トップへ

Souraku Chubu Fire Department