救急の相談窓口「救急安心センターきょうと」のご案内 

 
 急なケガや病気をしたとき、救急車を呼んだ方がいいか、今すぐに病院に行った方がい

いかなど判断に迷った場合、専門家からアドバイスを受けることができる電話相談窓口が

「救急安心センターきょうと(#7119)」
です。
 
 京都府では、令和2年10月1日からこの事業が始まります。
 
 #7119に寄せられた相談は、看護師等が電話口で症状などを聞き取り、「緊急性の

ある症状か」や「すぐに病院を受診する必要性があるか」等を判断します。相談内容から

緊急性が高いと判断された場合は、迅速な救急出動につなぎ、緊急性が高くないと判断さ

れた場合は、受診可能な医療機関や受診のタイミングについてアドバイスを行います。
 

「すぐに病院に行った方がよいか」や「救急車を呼ぶべきか」、悩んだりためらわれた時は、「救急安心センターきょうと7119)に電話してください。
 電話口で看護師等の専門家が救急相談に応じます。

 

電話相談窓口 

 
 携帯電話やプッシュ回線(笠置町・南山城村を除く)からは

☎ #(シャープ)7119

  または
  ☎ 0570-00-7119  
ダイヤル回線など全ての電話で利用可能。笠置町、南山城村からは、こちらにおかけください。
 ※通話料は相談者の御負担となります。
 
 

24時間365日対応します。

(看護師等がアドバイス、医療機関も案内、全年齢で相談可)

 

これらの電話は、あくまで看護師等による相談・助言を目的とするもので、自身が緊急と思ったときは、ためらわず119番で救急車を呼んでください。



 ホームへ ページトップへ 

Souraku Chubu Fire Department