救命処置の違い


 対象  成人
(思春期以降(1
5歳超が目安))
 小児
(1〜15歳ぐらいまでが目安)
 乳児
(1歳未満)
 圧迫位置 胸の真ん中   両乳頭を結ぶ線の少し足側を目安とする胸の真ん中
 圧迫方法   両手 両手又は片手
(体格で変える)
 
 指2本
 圧迫の強さ  約5p沈むまで    胸の厚さの約1/3沈むまで
 圧迫のテンポ  100〜120回/
 胸骨圧迫と
人工呼吸
   胸骨圧迫30回と人工呼吸2回(省略可能)
  を繰り返す
 胸骨圧迫30回と 人工呼吸2回(省略可能)を繰り返す (胸骨圧迫に人工呼吸もあわせた心肺蘇生が望ましい)
 AED  成人用パッドを使用(小児用パッドは使用しない)  未就学児(およそ6歳まで)は 小児用パッド、6歳以上は成人 用パッドを使用する。 無ければ成人用パッドを代用  小児用パッドを使用
する。
 無ければ成人用を
代用

ウィンドウを閉じる

Souraku Chubu Fire Department