気道異物の除去   熱中症の処置   止血法   年齢区分及び処置の比較


心肺蘇生法
市民・住民が行う一次救命処置



     意識の確認      
  判断        
  観察
処置
 反応なし
大声で叫び応援を呼ぶ!
119番通報・AEDの依頼
  
 
     
     呼吸を見る    普段どお りの呼吸  
           
     呼吸なし     気道確保 回復体位を 考慮する 
      ※死戦期呼吸は心停止とする  
すぐにCPR開始
直ちに胸骨圧迫を開始する 30回
   強く 速く 絶え間なく
つぎに人工呼吸ができる場合は2回
(人工呼吸ができないまたは、ためらわれる場合は胸骨圧迫のみを行う
     
   AED装着   
                   
   
    心電図の解析 電気ショックは必要か  
   
     ショック必要         ショック不要
  ショック1回 ショック後直ちに胸骨圧迫 からのCPRを再開※※    直ちに胸骨圧迫から CPRを再開※※
※※強く、早く、絶え間ない胸骨圧迫を!  
   
   救急隊に引き継ぐまで、または傷病者 に呼吸や目的のあるしぐさが見られるま でCPRを続ける  
       
小児(1歳以上15歳(思春期)まで)及び乳児(1歳まで)の
心肺蘇生の流れは同じになりました。(
救命処置の違い) 


ホームへ ページトップへ
                      

Souraku Chubu Fire Department  

相楽中部消防組合消防本部テンプレート