回復体位
 

・傷病者を横向きに寝かせ、下あごを前に出して気道を確保し、上側の手の甲に

傷病者の顔を乗せます。さらに、上側の膝を約90度曲げ、仰向けにならない

ようにします。

・反応はないが、「普段どおりの呼吸」をしている傷病者にします。

・吐物などによる窒息の危険があるときや、やむを得ず傷病者のそばを離れると

きに行います。
 


 ウィンドウを閉じる

 ホームへ

Souraku Chubu Fire Department