異物除去方法  
   
(1)傷病者に反応(意識)がある場合

傷病者に「のどが詰まったの?」と尋ね、声が出せず、うなずくようであれば窒息と判断し、ただちに行動しなければなりません。

  119番通報するよう誰かに頼むとともに、ただちに以下の方法で異物の除去を試みます。

なお、傷病者が咳をすることが可能であれば、咳をできるだけ続けさせます。咳ができれば、異物の除去にもっとも効果的です。

   
@  腹部突き上げ法  (拡大写真)
  腕を後ろから抱えるように回します。
  片手で握りこぶしを作り、その親指側を傷病者のへそより
  上でみぞおちの十分下方に当てます。 
  その上をもう一方の手で握り、すばやく手前上方に向かっ
   て圧迫するように突き上げます。
   
A  背部叩打法  
   背中をたたきやすいように傷病者の横に回ってください。
  立っている場合や座っている場合は傷病者の後ろに回っ
  ください。

● 手の付け根で肩甲骨の間を力強く何度も連続してた
たき
  ます。
 
※ 妊婦(明らかに下腹が大きい場合)や高度な肥満者に対しては、腹部突き上げ法は行わず、背部叩打
  法のみを行います。
※ 横になっている、あるいは座っている傷病者が自力で起き上がれない時は背部叩打法を行います。
※ 腹部突き上げ法と背部叩打法の両方が実施可能な状況で、どちらか一方を行っても効果のない場合
  は、もう一方を試みます。
※ 腹部突き上げ法を行った場合には、腹部の内臓をいためている可能性があるので、実施 したことを到
   着した救急隊に伝えてください。なお、119番通報前に異物が取れた場合でも、病院での診察は必
  要です。
※ 反応のある小児(1歳以上)に対する異物除去の方法は、成人に対する場合と同じです。
(2)傷病者に反応(意識)がない場合
  傷病者に反応がない、あるいは反応がなくなった場合は、直ちに心肺蘇生の手順を開始します。
  心肺蘇生を行っている際に、異物が見えた場合には、異物を取り除きます。
  口の中に異物が見えない場合には、異物を探すのに時間を費やすことはせずに、心肺蘇生を行います。
乳児の気道異物の除去方法
● 気道異物による窒息と判断した場合には、直ちに119番通報を周りの人に依頼し、 異物の除去を行っ
 てください。
● 反応のある乳児(1歳未満)に対する異物除去の方法は、背部叩打法と胸部突き上げ法を、異物が取り除
  けるか、反応がなくなるまで繰り返します。
 
   @ 乳児への背部叩打法
  救助者の片腕の上に乳児をうつぶせに乗せ、手のひらで乳児の
 顔を支えながら、頭部が低くなるような姿勢にします。
  もう一方の手の付け根で、背中の真ん中を力強く数回連続して
 たきます。
 
 
 
   
   A 乳児への胸部突き上げ法

  救助者の片腕の上に乳児の背中を乗せ、手のひらで

   乳児の後頭部をしっかり支えながら、頭部が低くなる
   よう仰向けにし、もう一方の手の指2本で、両乳頭を
   結ぶ線の少し足側を目安とする胸骨の下半分を力強く
   数回連続して圧迫します。
 
  ※ 乳児には腹部突き上げ法を行ってはいけません。
  ※ 反応がなくなった場合には、乳児の心肺蘇生の手順
    を開始します。救助者が1人の場合には、まず自分で
   119番通報し、AEDが近くにあれば手配を行い、
   通常の心肺蘇生を行います。

 ホームへ ページトップへ   戻る

Souraku Chubu Fire Department