6 人工呼吸を行う 

 

@まず、気道確保

 

ア 手を額におきます。

イ 他方の手の指先をあごの先に当てます。

ウ あごの先を引き上げ、頭を後ろにのけぞらせます。(頭部後屈あご先挙上法)
 
 
 
 Aつぎに、人工呼吸
 
  ア 額に当てた手の指で鼻をつまみます。

  イ 口を大きく開けて倒れている人の口をおおいます。胸が軽く上がるくらいに
   約1秒かけて息を吹き込みます。


  ウ 口をいったん離し、もう一度息を吹き込みます。(2回)
 
 
 
  B人工呼吸が出来ない場合やためらわれる場合は、胸骨圧迫のみを継続します。
 
 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、成人の心停止に対しては、人工呼吸を行わずに胸骨圧迫とAEDによる電気ショックを実施する。

子どもの心停止に対しては、講習を受けて人工呼吸の技術を身につけていて、人工呼

吸を行う意思がある場合には、人工呼吸も実施する。

感染の危険などを考えて人工呼吸を行うことにためらいがある場合には、胸骨圧迫だけを続ける。



 戻る  ← 人工呼吸を2回したら   →  次へ

 ホームへ

Souraku Chubu Fire Department