10 電気ショックが不要ならば
 
  直ちに胸骨圧迫から心肺蘇生を再開します 
 
 
 
新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえ、エアロゾル(ウイルスなどを含む微粒子が浮遊した空気)の飛散を防ぐため、胸骨圧迫を開始する前に、ハンカチやタオルなどがあれば傷病者の鼻と口にそれをかぶせる。マスクや衣服などでも代用できる。


 電気ショックが不要ならば  →  胸骨圧迫から再開

 ホームへ

Souraku Chubu Fire Department