9月9日は、「救急の日」 救急隊からのお願い 増え続ける救急出場

平成27年中の救急状況 
 出場件数 3,311件    搬送人員 3,172人

事故種別では、急病が2,165件(65.3%)と最も多く、一般負傷597件(18.0%)交通事故303件(9.2%)の順となっています。
   傷病程度は、軽症(57%)中等症(25%)重症以上(18%)の順で、緊急性の低い軽症者が半数以上を占めております。
   また、65歳以上の高齢者が全体の(59%)と半数以上を占めています。

住民の26人に1人が救急車を利用されたことになります。
回転等図増え続ける救急出場
平成元年(1,384件)平成10年(1,842件)平成27年(3,311件)
平成元年の2、4倍強になっています、救急車の適正な利用を皆様にお願いいたします。

ホームへ

Souraku Chubu Fire Department