救    急  消 防 救 助  相楽中部消防協議会

「たき火」による火災に注意!

全国的に、たき火が原因の火災が発生しています。

   

たき火で火災となった経過をみると、空気が乾燥した風の強い日にたき火をしたため、延焼拡大したり、火の粉が風により飛び火して周囲の枯草等に燃え移り火災となったり、消火が不十分であったため再び燃えだして火災となったものなどが多くなっています。

たき火による火災は、一人ひとりの火の取扱いに対する“ちょっとした不注意”が原因となっています。たき火をする時は、次の事項に十分注意して、火災を起こさないようにしましょう。また、日没後のたき火は、火災と間違われ誤報されるおそれがありますので、日没までに終わらせるようにしてください。

   【たき火を始める前の注意】

     周囲に燃えやすいものがない場所で行いましょう。

     乾燥注意報等が出ている時や、風の強い時はやめましょう。

     水バケツ、消火器等による消火の準備をしましょう。

     消防署へ届出をしましょう。

  火災予防条例に基づき、火災とまぎらわしい煙又は火災を発するおそれのある行為は、消防署への届出が必要です。しかしこの届出は、消防機関が実施状況を把握するための届出です。この届出の受理をもって他の法令に係る廃棄物の焼却行為を許可するものではありません。

  廃棄物の処理及び清掃に関する法律により、一部の例外を除き廃棄物の焼却は禁止されて います。詳しくは京都府保健所、市役所及び町村役場にお問い合わせください。

   【たき火をしている時の注意】

     火を消すまで、その場を離れないようにしましょう。

    子供だけでは絶対にたき火をさせないようにしましょう。

     火の粉が飛ばないように少しずつ燃やし、着衣着火・やけど等に注意しましょう。

   【たき火が終わった後の注意】

   再び燃え出さないよう完全に火が消えたことを確認しましょう。

ホームへ 警防課トップへ ページトップへ

Souraku Chubu Fire Department