救    急  消 防 救 助  相楽中部消防協議会


「低圧進相コンデンサ」からの火災に注意!

全国的に、低圧進相コンデンサから火災が発生しています。

火災原因概要

 火災の原因は、茶工場の分電盤内に設置されている低圧進相コンデンサが経年劣化により、絶縁性が破壊され、内部の温度が上昇し、絶縁油から分解ガスが発生して発火したものです。

   

長年使用している「低圧進相コンデンサ」は発火の危険があります!

 低圧進相コンデンサとは、工業機械、業務用冷蔵庫等モーターなどを使用する電気機器の力率を改善する省エネルギー機器として、1940年(昭和15年)後半より店舗や作業所で使用されています。

 しかし、1975年(昭和50年)以前に製造されている低圧進相コンデンサは経年劣化により寿命の域にあり、場合によっては火災に至る危険性があります。

 また、低圧進相コンデンサから出火する火災は、梅雨の時期から気温が上がる9月にかけて多発し、ほとんどが、経年劣化により低圧進相コンデンサ内部の絶縁性がなくなり出火しています。

 「低圧進相コンデンサ」による火災を防ぐためには ・・・

1 昭和50年以前の古い進相コンデンサの使用を、保安装置内蔵の新しい物に交換する。

2 新しい進相コンデンサでも推奨更新期間は10年ですので、定期的な点検をお願いします。

3 業務用冷蔵庫等のように常時通電が必要なもの以外は、できるだけメインブレーカーを切り、進相コンデンサに電圧がかからないようにする。

4 進相コンデンサは他の電気機器と違って、故障等が分かりにくいため、使用電力量が異常に 上がっているときは、低圧進相コンデンサ等の点検を行なってください。



ホームへ 警防課トップへ ページトップへ

Souraku Chubu Fire Department