違反対象物の公表制度について

 令和2年4月1日から始まりました。

違反公表制度とは
 
 建物を利用する方が、自ら火災危険性に関する情報を入手し、その建物の利用について

判断できるよう、消防が立入検査の際に確認した重大な消防法令違反を、消防本部のホー

ムページで公表する制度です。
 
 公布:令和元年12月10日
 施行:令和2年4月1日
 

公表の対象


 特定防火対象物(飲食店、物品販売店、ホテルなど不特定多数の方が利用する建物や、

病院、社会福祉施設など、一人で避難することが難しい方が利用される建物等)
 

公表の対象となる違反内容


 建物に義務付けられた消防用設備のうち、@屋内消火栓設備、Aスプリンクラー設備、

B自動火災報知設備が設置されていない重大な消防法令違反。
   
公表の内容

@建物の名称 A建物の所在地 B違反の内容
 
公表の時期は

 消防の立入検査において違反を把握し、建物関係者に通知した後、14日を経過しても

違反が継続している場合に公表します。


公表の方法


 相楽中部消防組合のホームページで公表します。
 ホームへ  ページトップへ

Souraku Chubu Fire Department