組  合  の  概  要

  相楽中部消防組合は、昭和47年4月1日に木津町、山城町、加茂町の3町によって京都府で最初の消防一部事務組合として発足し、その後昭和55年4月1日に東部地域に隣接する笠置町、和束町、南山城村が加入して5町1村により構成しておりましたが、平成19年3月12日に木津川市(木津町・山城町・加茂町が合併)が発足し、1市2町1村の構成となりました。

 当組合は、京都府の最南端に位置し、南は奈良県、東は三重県、北は滋賀県に隣接し、東西に一級河川の木津川が流れ、交通ではJR関西本線、奈良線、学研都市線、近鉄京都線が通り、また京都府と和歌山県を結ぶ国道24号線、三重県と大阪府を結ぶ国道163号線が縦横に走り交通の要衝となっております。
  管内の西部地域は、関西文化学術研究都市の中核となっており、研究施設が多く建設され住宅開発も進み人口が急増しています。
 
  
次に各構成市町村のスローガンを記載して概要説明とします。

 平成19年3月12日、それぞれに文化と歴史を積み重ねてきた木津町、加茂町、山城町の3つの町が合併し、新しく「木津川市」が誕生しました。
 
水・緑・歴史が薫る文化創造都市 
   〜ひとが耀き ともに創る 豊かな未来〜
 木津川市

 美しい自然環境に恵まれ、後醍醐天皇ゆかりの地である史跡名勝の笠置山、巨石怪石群の山頂から見下ろす木津川の景観が絶景の観光地
わかさぎのはばたくまち 美しい自然と史跡に恵まれた心ふれあう町笠置町

 京都府下の煎茶生産量の約5割を生産し『宇治茶』の名を支えるお茶の町、立地条件を活かしレクリエーション、近郊農業など新しい取り組みも進み緑豊かで自然に恵まれた
人が輝き美緑あふれる郷和束」の和束町

 村域の約3/4が山林で占められた京都府下では唯一の村。木津川沿いの低地集落と山間部の台地集落では、温度差が5〜6度あり気候を生かしお茶や野菜が特産物である。リゾート開発、レクリエーション用地としての活用も数々行われ、地域の振興が図られている
自然が薫り、人が輝く 元気むら みなみやましろ」を目標像とした
南山城村

                                         平成28年4月1日現在    

市町村別

面積(ku)

世帯数

人口

木津川市

85.13

28,531  

74,561  

笠置町

23.52

648  

1,446  

和束町

64.93

1,726  

4,210  

南山城村

64.11

1,247  

2,911  

237.69

32,152  

83,128  

面積は全国都道府県市区町村別面積調(平成22年10月1日現在)     

ホームへ ページトップへ

Souraku Chubu Fire Department