文化財防火デーの制定は、昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺(奈良県斑鳩町)の金堂が炎上し、壁画が焼損したことを契機としています。


文化財火災の特徴

文化財火災の出火原因の多くは、放火・焚き火によるものです。併せて屋外部分からの出火が多く、特に桧皮葺の燃えやすい屋根材を使用していることから屋根面からの出火が目立ちます。

 
防火のポイント

@  放火防止対策

関係者による巡回警備、敷地内等での可燃物の除去及び整理整頓、夜間照明の設置、地域住民との協力関係の構築等、放火されない環境づくりが大切です。

A  火気管理の徹底

 火気使用設備の使用前点検及び使用後の消火確認を行い、併せて火気使用場所は火災予防上安全な距離を保ち、消火の準備を怠らない等の対策が必要です。

 
管内の文化財

 当消防本部管内には、たくさんの文化財があります。それら貴重な文化財を火災から守るためには、文化財関係者の努力だけでなく、地域住民一人ひとりが文化財を災害から守るための日常の心配りを積み重ねて行くことが必要です。

 永い歴史の中で先人が守ってきた貴重な文化財を、後世に受け継いでいくためにも、皆様のご協力をお願いします。


   

ホームへ ページトップへ

Souraku Chubu Fire Department