相楽中部消防組合消防本部

 住宅火災の多くは,普段の生活のちょっとした火の不始末不注意によって起こっているため、家族一人ひとりの心がけで、未然に防ぐことができる火災もたくさんあります。
 防火のポイントを知り,火事を起こさないように家族全員で、注意し確認しましょう
 ストーブ付近に燃えやすい物を置かない写真  ストーブには、燃えやすいものを近づけない。
・ストーブの上に洗濯物を干すのはやめましょう。
・必ず火を消してから給油をしましょう。
・ストーブに燃えやすいものを近づけないようにしましょう。
 寝たばこは絶対やめましょう(写真)  寝たばこやたばこの投げ捨てをしない
・寝たばこは絶対にやめましょう。
・吸い殻はくずかごの中にそのまま捨ててはいけません。
・灰皿の吸い殻はこまめに捨て、捨てる前にかならず水をかけましょう。
・灰皿はおおきく安定したものを使い、灰皿の中に水をいれておきましょう
 絶対やめよう火遊び写真  子供には、マッチやライターで遊ばせない。
・子供に火の恐ろしさを教えましょう。
・子供だけで花火をするのはやめましょう。
 タコ足配線写真  電気器具は正しく使い、たこ足配線はしない。
・コードが重い家具の下になっていると、内部で断線し、火事の原因となることがあります。
・たこ足配線は、テーブルタップなどが加熱し、発火する危険があります。
・コードやプラグが古くなり、傷んでいるとショートすることがあります。
・家具でかくれたコンセントは定期的に掃除をしましょう。ほこりがたまり火がつくことがあります。
 電源プラグ火災はこうして発生します写真
家のまわりに燃えやすいものを置かない。(写真1)
 家のまわりに燃えやすいものを置かない
・門灯や外灯をつけて、できるだけ暗がりをつくらないようにしましょう。
・家のまわりに段ボール箱など燃えやすいものを置くと放火される原因となります。
・可燃物は部外者の目の届かない場所に整理整頓する。
・新聞やチラシは、こまめに取り込む。
・郵便受けから新聞やチラシがはみ出さないように業者等に依頼する。
 天ぷらを揚げるときは,その場を離れない。(写真1)  天ぷらを揚げるときは、その場を離れない。
・電話や来客があったら、必ず火を止めてから、コンロの前を離れましょう。
・コンロの周囲には、フキンなど燃えやすいものを置かないようにしましょう。
・消火器具を備えておきましょう。
・絶対に水は、かけないでください。
            
       天ぷら油火災詳細へ


ホームへ ページトップへ


Souraku Chubu Fire Department