AEDとは自動体外式除細動器
AEDとは Automated xternal efibrillator の頭文字をとったもので、自動体外式除細動器と言われています。

   日本では、病院外で年間約2万人から3万人の方が、突然死で亡くなられています。その主な原因は致死性の不整脈、「心室細動(しんしつさいどう)」(心室の筋肉がけいれんして細かく震え、心臓が正常に拍動できなくなり、数分で死に至る非常に危険な不整脈)によるものです。





   心室細動を正常な拍動に戻すための唯一の効果的な治療法は、心臓に電気ショックを与えてこの細動を取り除く医療機器の「除細動器」の使用です。ただし、一般に発病から1分経過するごとに7〜10パーセントづつ生存退院率が下がると言われており、一刻も早く、少なくとも5分以内に電気ショック(除細動)を行えるかが命を救うカギとなっています。(救急隊が現場到着する時間は通報を受けてから全国平均約8分です。)
心室細動と救命率の図

使用方法は、電源を入れて電極パッドを傷病者の胸に直接貼り付けると、自動的に心臓の波形を解析し、電気ショックが必要であれば音声と点滅で通電ボタンを押す指示を出してくれるなど、取り扱いは非常に簡単です。
  また、電気ショックの不要な傷病者に対しても通電ボタンを押す指示は出ませんし、もし誤ってボタンを押しても電気ショックはかからないなど安全性も高いものです。 


お問い合わせは、相楽中部消防組合消防本部・警防課
電話 0774−72−2119  FAX 0774−73−8199

ホームへ AEDトップへ

    

Souraku Chubu Fire Department